音楽会の告知ざんす。

  • 2015.11.02 Monday
  • 15:44
 
 
 今日は、大きめの「みんなのしあわせ音楽会」のポスター制作しました。相馬で障がいという枠にとらわれず、みんなで音楽が楽しめといいなぁ...と思い、第2回目の音楽会を開くことになりました。島根に行った時にお会いしたボーカリストの浜田真理子さん。街づくりのNPOを運営し、原発問題に向き合っています。

えんどう豆に遊び来てくれたTHE BOOMのベースのヤマちゃんが参加する「1GATA」は、糖尿病のドナーによるバンドです。相馬出身の堀下さゆりさんは、震災から相馬の子どもたちを応援してきました。そして、えんどう豆もカラオケなしで歌ったり踊ったり、バンドバージョンで参戦します。彼らのパフォーマンスもなかなかですよ。ゆうゆうクラブの子どもたちはビデオでの参加になりそうです。それぞれが社会の問題に向かっていて、単に音楽を聞く、楽しむだけでなくて、メッセージがあり、大きな意味での街づくりの活動なのだと思います。最近はイベントが多く、地元への告知が思うようにいっていないのが心配ですが、見所はたくさん、あると思いますので、是非、いらして下さいね!




 イベントのために、ご寄付を寄せてくた皆さん、本当にありがとうございます。

しあわせの種

  • 2015.11.01 Sunday
  • 23:43

 娘が生まれて、考えてきたことが、ようやく実現に向けて動き出す。それは、格好がいいものとは程遠く、まだ、スタートラインにすら立っていない。でも、問題意識は変わらず、あきらめないでい半歩づつ進んでる感じがする。どれくらい月日が流れたことだろう。障がいは本人にあるのではなく、環境にあった。会社をやめて、えんどう豆に入り、8年10ヶ月。それでも、答えられない課題があった。

IMG_1168.jpg

 娘も高校3年になり、来春には卒業して社会人になります。障がいという生きにくさを持っている人はたくさんいて、必要なだけ支援が必要なのです。そして、社会の受け皿も必要です。地元で、誰かが作業所を作ってくれないかなぁと待っていたが、誰も作ってくれなかった。ブーブー文句を言ってないで、自分で、自分たちでやるしかない!と「NPO法人みんなのしあわせプロジェクト」を作りました。作業所を作ることが目的でなくて、彼女たちがしあわせに暮らせるような町を作ることなので、先の長い話です。

IMG_1175.JPG

 この日、行ったこどもの村では、ピアノを弾きだし、ジャズ演奏のようだったよと褒められて、演奏が終わると拍手がおきました。絵本のワークショップに参加してご機嫌。彼女は今も子どものように自由です。つらい事もあったかって? いえいえ、思い出すのは楽しいことばかり。彼女はいろんな人を連れてきて、人生を豊かにしてくれました。ダウン症で生まれましたが、彼女には、周りをハッピーにする力があるみたいです。


IMG_1177.JPG


IMG_1189.JPG

しあわせの種がいっぱい入っている娘の絵本。お楽しみは、これからです。

子どもと地域

  • 2015.10.22 Thursday
  • 23:52

 国からの復興補助金が終了し、県の基盤整備事業で行われていた障がい児の支援の打ち切りが決まったと告げられる。岩手や宮城と違って、原発事故で避難している人が10万と言われている福島への配慮はないようだ。

 震災後、相馬地方の、行政、支援学校など障がい児支援の団体が集まり、地域ミーティングが開かれている。原発事故で避難したことが原因で、環境が変わり、厳しい状況に追い込まれている事例を聞くと胸が詰まる。まだ全国の専門家の支援を必要とする特別な地域であることを実感した。どうして声は届かず、仕組みは作れないのか。課題山積み。

真理子さんがやってくる。

  • 2015.10.05 Monday
  • 06:54
cd.jpg

 東日本大震災のあった2011年の3月に行われる予定だった浜田真理子さんのコンサート。CDを聴いて、その実力に驚い て、2人分のチケットを買った。だが、3.11の大震災と3.12の原発事故でライブは中止が決まってしまった。NHKのドラマ「白州次郎」が放映された時、音楽監督が大友良英さんがやっていて、その挿入歌を浜田さんの曲が歌っていた。圧倒的にすごかった。一度、ナマで聴きたいと思っていたが、震災後、島根に行って本人に呼ばれ、お会いする事になる。でも、彼女の音楽に触れることができなかった。ところが、浜田真理子さんが、11月21日(土)に相馬に来て歌ってくれることが決まった。

 20140722_1145617.jpg  
 ずっと「障がいのある人もない人も音楽を楽しもう!」ということが音楽のイベントを開いてきたが、その企画に協力してくれることになったのだ。 アンビリーバボー!

《みんなのしあわせ音楽会 Vol.2》   11月21日(土曜日)  
 時間は14:30(開場) 15:00(開演)   
 会場 相馬市総合福祉センター「はまなす館」

 音楽会には、浜田さんの他に、掘下さゆりさん、1GATA のプロのミュージシャンの他に、えんどう豆やゆうゆうクラブなど、地元の障がい者施設の人もステージに上がる。皆さんも、聴きににきませんか?入場無料なのですが、カンパを大募集です。

 

昔とった何とか。

  • 2015.09.17 Thursday
  • 05:13

 建築関係は、未だに復興事業で忙しく、お願いしても後回しになってしまう。新事業の福祉サービスの建築確認の申請書を自分で書いて建築士に渡すことで、スピードアップを計る。10年ぶりにCADで製図。まだ体は覚えているもんですね。当時、MacのOSは漢字Talk7でminicad (Vectorworks)を使っていました。(笑)もう10時だ。そろそろ帰ろう。

みんなのしあわせプロジェクト

  • 2015.09.05 Saturday
  • 06:47


 「自分たちで、相馬の福祉を何とかすっぺ!」と有志が集まり、NPOを作りました。名前はNPO法人「みんなのしあわせプロジェクト」。先日、県から認証され、いよいよスタートです。

「みんなのしあわせプロジェクト」の名前ですが、町のいろんなニーズに対応できるように、小さなプロジェクトをたくさん作ろうと付けられました。主に障がいをもつ人を対象に活動しますが、職員もハッピーに仕事ができる法人にしよう話し合いました。(結構、傷ついている人が多数いるのよ。)

 子ども、しごと、アートの3つキーワードで、相馬を元気にします。まず、児童デイサービスと就労B型の福祉作業所をつくります。もちろん音楽や絵画などのアート活動も、積極的に行ないます! (11月21日には、みんなのしあわせ音楽会vol.2を開催します。出演者は、浜田真理子、掘下さゆり、1-GATA、えんどう豆、ゆうゆうクラブの面々。浜田さんは島根から来てくれます。)

 ホームページ、リーフレット作成しています。建物や家具、自動車、必要なものが、たくさんあります。一番は人材とお金でしょうか。小規模作業所のスピリットでがんばります。まず、集える環境があれば、立派でなくてもいいと思うようにしました。

モーニングプレート

  • 2015.08.28 Friday
  • 08:34
IMG_0767.JPG 

 ホテルの朝食にでるおいしいパンがないものかと探して、COOPが輸入しているデンマークの冷凍パンを教えてもらった。歯ごたえがあって、家族でも好き嫌いが分かれるが、BaBasanにプレゼントすると、相馬のサロンで、パンも提供できたらいいねと言っていたので、ペレートのサンプルを作ってくれた。いい感じじゃない。野菜とかも自分たちで作れればいいなぁと夢が広がる。サロンの話が消えてしまってしまったが、夢はとっておこう。

再起動

  • 2015.08.27 Thursday
  • 23:42
T.jpg

 相馬に作る新しい法人のミーティング。決して、思うように進んではいないけれど、9月にはNPOが認証される予定で、スタートに向けて動いています。先立つものはないけれど、かって小規模作業所が地域のニーズに応えて、とにかく居場所をつくることだけを目的に借りて立ち上がったように、安く借りることができる建物と最小限の人でスタートしようと決めました。

 それでもお金はかかるので、必死に助成金の申請書類を書いておりました。車を安く譲ってもらったり、使わなくなった家具を使わない?と声をかけてもらったり、皆さんからの応援が本当に有り難いです。サロンの建物の計画がキャンセルになり、ご心配をかけすいません。工房のために準備した建物一本でスタートしたいと思っています。


試作1

  • 2015.08.17 Monday
  • 03:17
IMG_0647.JPG

 新しい作業所で何ができるか?思案中。 パン屋でもいいし、はた織り、小物作りもいいかなと考えていて、シルク印刷ができれば、製品のバリエーションができるかなと試作を行うことにした。はじめは簡単な所からスタートしようと「Tシャツくん」という商品で行うことにする。

 本来はブラックライト(紫外線)で現像して版を作るのだが、感光紙が使い切っていてなくなっていたので、カッティングマシンで製版して、紗に貼付けた。ちょっと歪んでしまった。図案は、現在も避難指示されている楢葉町の「シャルパ」という訪問介護事業所を立ち上げる古市さんのために、これに決めた。カッティング製版は印刷時の摩耗に強くて安心な技法だ。



みんなのしあわせプロジェクト

  • 2015.06.20 Saturday
  • 05:29
 

 娘の生まれたこの町は、あまり福祉に積極的でなくて、他人任せになっていて、高校卒業しても、えんどう豆のように楽しく仕事ができてない。きっと、娘だけでなく、行く場所がなくて、社会とつながらない人が、たくさん出てくる。お金はないので立派なスタートは切れないけど、ここからスタートしようと思います。同じ思いを抱く人が多いので、有志で種をまくことにしました。「みんなのしあわせプロジェクト」始動です。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM