ブックカバーチャレンジ その3

  • 2020.05.14 Thursday
  • 22:38

 

 建築の基本なしに設計事務所に入社してから、建築について学んだ。好きな建築家のひとりが、フランクロイド・ライトだった。

日本の建物だと帝国ホテルが有名だが、自由学園という学校は、ライトが信頼をおいていた遠藤新の設計として有名だ。

 

 相馬の建設会社で働いていた時、遠藤新の息子の陶さんが設計した相馬高校の建物を施工する事になった。なんと遠藤新は相馬郡新地町の出身だったのだ。設計者と盛り上がり、建築について教えてもらい、建築が好きになっていった。

 

( 翻訳の内井昭蔵氏は、世田谷美術館の設計者で、わざわざバイクで見に行ったけなぁ。)

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    音楽のつながり Vol.08 大島圭太と仲間たち

    • 2020.05.14 Thursday
    • 22:16

     

    震災の年、南相馬の小さい作業所を、大分のバーテンダーと大島圭太さんが訪ねてきた。「ビール片手に」という曲で、みんなを盛り上げてくれた。

     

    その後、大分と熊本のお店の店主と仲間たちが、岩手のフェス、宮城の仮設、福島の作業所と被災地を応援するチームを作り、毎年、ボランティアでカクテルパーティを開いてくれている。そして、大島圭太さんと作業所のみんなで歌う。ハッピーなひと時。

     

     

     

     

    自分の仕事を休んでまでやってくる理由は? お店のお客さんを引き連れてくると言う事は、どれだけ信頼関係のなんだぁと羨ましく思った。なんだかBARのイメージが変わったなぁ。

     

    10年目の今年、特に夜の飲食店は新型コロナで大変な状況に違いない。

     

    「負けないでね。がんばり過ぎないで!」また、会いましょう。

     

     

    大分の関元氏は、忌野清志郎さんの行きつけの店のマスターなのでした。

     

     

    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++

     

     

    そして、代表曲は、この曲かなぁ。こんな時だから泣けてくる。

     

     

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      ブックカバーチャレンジ その2

      • 2020.05.14 Thursday
      • 06:18

       

       

       学生時代、バイクで日本国中を野宿して走り回った。寺崎勉の「さすらいの野宿ライダー」が見つからず、続編の本。ミツバチ族とか言われて、夏、北海道にはしりに行ったけ。オフロードバイクから機械の臭いが伝わってくるようで、かっこいいと思った青春時代。

       

      ちなみに私の相棒は、カワサキのKLR250でした。

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        音楽のつながり Vol.07 あんべ光俊さん

        • 2020.05.14 Thursday
        • 00:17

         

         

         


        あんべ光俊さんは、仙台在住だが陸前高田の出身で仙台の「とっておきの音楽祭」のリーダー的存在の人です。南相馬でも、2009年に開催することになって、協力して頂きました。ダウン症でリコーダー奏者の荒川知子さんのCDを制作してくれた人でもあり、熊本など全国各地のとっておきの音楽祭の協力も、惜しみなく活動しています。

        震災後に南相馬に来て、津波は過去の時間を奪ったと言っていましたが、原発事故で先が見通せず震災関連死で亡くなる人がいて、未来の時間まで奪ったのでした。相馬に来た時も作曲中の曲を防災ラジオで歌ってくれました。あんべさんの曲は、明るくて、やさしくて、なつかしくて希望を感じる歌が多いです。

         

         震災後に、あんべさんに作詞してみたら?と言われ、曲「ぼくは相馬すきだよ」ができました。
        それは、古里に対する思いを再確認できるきっかけとなり、相馬でもくもくを立ち上げた年の音楽会で、えんどう豆とあんべさんが後押ししてくれたのです。あんべさんは、音楽を通し人エールを送り続ける人です。

         

         

         

        そして、あんべさんのコンサートととっておきの音楽祭が、全国で開かれることを切に願っています。

         

         

         

         

        臼澤みさきさんとのコラボ、これもいいですよ。(↓)岩手県民じゃないけど、帰りたくなる

         

        https://youtu.be/5tcIyJd8cag

        ちなみに、ここで買えるようです。

         

        https://music.apple.com/jp/album/871623184

         

        +++++++++++++++++++++++++++++++++

         

        モリタミュージックの森田さんのおすすめは「星の旅」

         

         

        p> 

         

        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          ブックカバーチャレンジ その1

          • 2020.05.13 Wednesday
          • 22:28

           

           知人に頼まれ、7冊の本の紹介して欲しいとのこと。

           

          一番印象的だった本は「自給自足の本」かな。(でも探したが見つからない。涙)

          内容も経験から描かれたものだし、イラストがすばらしく、愛情を込め時間をかけているのがわかる。

          スローライフという言葉がなかった時代の本だが、農や手仕事は生きることの基本が書いてあり、今見ても古くない。

           

          今まで、土いじりをしていなかったが、これから作業所の活動として、プライベートでも取り組みたい。

           

           

           

          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            音楽のつながり Vol.07 ソウルフラワーユニオン 中川敬さん

            • 2020.05.13 Wednesday
            • 00:00

            Photo (c) EchigoTetsuya

             

             南相馬の朝日座というレトロな映画館で、「ソウル・フラワー・ユニオン」の中川敬さんがライブがあった。

             

            「満月の夕」という曲が、中川さんと山口洋さんの合作であると聞いていた。その歌は、阪神・淡路大震災の被災地に出向き、避難所や仮設住宅など演奏したことで生まれた。厳しい現実、そこで住む人の姿、被災地の臭いまでが込められたような曲だった。

             

             原発事故後、国は情報を出さず、疑心暗鬼になっていたこともあって、ソウルフラワーの曲が心に響いた。車で爆音で聴いていたこともあった。反原発や沖縄の辺野古、東ティモールなど社会問題と対峙していた。平和にみえる社会でも理不尽なことはあって、自分が被害者になってみると、今まで自分が他人事として見ないようにしているだけだと痛感した。

             

             

             彼らは、ソウルフラワー基金なるものを立ち上げ、阪神・淡路から東日本大震災、その後もたくさんの被災地の人々を支援を続けている。

             

             ソウルフラワーのバッジを作らせてもらい、中川さんがえんどう豆を訪ねてきてくれた。ナイフのように鋭い感性がある人だなぁと思う反面、利用者と漫才のようなやりとりが、すげー面白かった。今度こそは、バンドで聴きたい。

             

             

             

             ソウルフラワーのバッジを作らせてもらい、中川さんがえんどう豆を訪ねてきてくれた。ナイフのように鋭い感性がある人だなぁと思う反面、利用者と漫才のようなやりとりが、すげー面白かった。今度こそは、バンドで聴きたい。

             

             

             

             

             

             

            +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

             

             

             

            さて、モリタミュージックの森田さんのおすすめは、「海行かば山行かば踊るかばね」。

             

            モリタさんのおすすめ

            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              あまびえちゃんの漫画

              • 2020.05.12 Tuesday
              • 12:03

               

               

               

               

               

               

               

               

              ひのっちが、あまびえちゃんの4コマ漫画を描きました。

               

              みなさん、新型コロナに負けないで乗り切りましょう。

              • 0
                • -
                • -
                • -
                • -

                音楽のつながり Vol.06 やなせなな さん

                • 2020.05.11 Monday
                • 17:35

                 

                 

                 

                 ( Photo by EchigoTetsuya )

                 

                 

                震災直後に、宮城、岩手、福島のお寺や避難所で歌を歌って励まし続けた「やなせなな」さん。彼女は奈良在住のお坊さんでもある。あの場所で寄り添うことは、精神的にしんどい事と思うのだが、何度も被災地に入り、人々の声に耳を傾け続けた。

                 

                 

                 「負けないタオル」のプロジェクトが出来て、各地でコンサートを行ない、何でそんなに頑張れるのか。心配だったが、彼女は人からエネルギーをもらうかのように、頑張り続けた。お寺はお葬式が出番のように思える時代であるが、みんなが困った時に相談できる人がいる場所になっていた場所もあったのだ。彼女やお坊さんは人々を支え続け、その献身的な姿が印象に残った。心の奥底で、人を信じてることがわかった。それは慈愛?というものなのだろうか。


                私はえんどう豆という福祉作業所で、震災後、何度となく繰り返し「負けないタオル」を歌っていた。

                今、考えると歌うことが、自分とみんなを勇気づける行為だったのだ。

                 

                 

                ななさんは、包み込まれるようなやさしい声、ほんわりとした雰囲気、でもお酒が入ると関西系? すてきな女性です。

                また、相馬で会える日を楽しみにしています。


                +++++++++++++++++++++++++++++

                 

                モリタミュージックの森田さんのおすすめは「春の雪」。
                 

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -

                  音楽のつながり Vol.05 山口洋さん

                  • 2020.05.09 Saturday
                  • 21:40

                  第5回は、山口洋さんです。

                   

                   

                   震災後に、相馬市で美空ひばりさんのフィルムコンサートがあり、その時、出会った山口洋さん。
                  その後、MY LIFE IS MY MESSAGEという相馬や南相馬を応援するプロジェクトで、日本国中の人と相馬をつないでくれた。

                   

                   

                  ライブハウスのない相馬で数多くのライブがあり、毎年と言っていいほど来てくれて、どれほど相馬の人が勇気づけられたことか。思いが強く、パワフルで、多くの熱狂的なファンが、たくさんの人が福島に来て、福島を感じてくれた。あの頃は、現場に近い所にいて伝えようとしていた感じがあった。

                   

                   

                   

                   

                  山口さんのギターは、宇宙を感じる時がある。渋谷でのHEATWAVEのライブは最高だった。チャボさんとの競演もすばらしかった。研ぎ澄まれた感覚、音楽に対する深い情熱を感じる。数多くのプロのミュージシャンにも愛され続けている。

                   

                  震災からずいぶんと時間が経ったけれど、ずっと問われたのは「生き方」だったと思う。震災後、ずっと聴いていた「満月の夕」は、今でも忘れられない。(リスペクトで描いたフラッグ、なつかしいです。)
                   

                   

                  山口さんが、また全国に音楽を届ける日が、早く来ることを願っています。

                   

                   

                   

                   

                  好きな曲がいっぱいあり悩む。う〜ん。チャボさんのギター、すごい!

                   

                   

                  ++++++++++++++++++++++++++

                   

                   

                   

                  モリタミュージックの森田さんのおすすめは「新しい風」です。

                   

                   

                   

                  モリタさんのおすすめ

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -
                    • -

                    音楽のつながり Vol.04 大森洋平さん

                    • 2020.05.08 Friday
                    • 18:42

                     

                    震災前からずっと毎年、相馬や南相馬に立ち寄ってくれる大森洋平さん。

                    結構落ち込んでいても、ライブに行くと勇気づけられる。

                    もくもくのショップのオープンでも、ミニライブで歌ってくれました。

                     

                    男から見ても、かっこいいなぁと思うのは、彼の生き方を歌から感じるからなんだと思う。

                    20年歌い続けて、純粋に歌い続けて、そして今も新しくパワーがある。

                     

                    「始めてを繰り返し、紡がれてきた奇跡の今....」(強烈なハッピーエンドから)

                    そうか、毎日を新しく、毎日をチャレンジして生きるのか。

                    できるかな、自分。強い意志と純粋な愛情....。

                    今、こんな時だから勇気をもらいます。

                     

                     

                     

                     

                     

                    全国を飛び回っていた洋平さんが、今はライブができないんだなぁと思うと残念な気持ちになる。

                     

                    でも、家族ができ娘さんといっしょに歌っている姿は、何とも自然で幸せそうで、すてきです。

                     

                     

                    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

                     

                     

                     

                     

                    モリタミュージックの森田さんのおすすめは「 ガーデン 」です。

                     

                    震災後、原発事故のあった福島に来て生まれた曲だと思います。

                     

                     

                     

                    (撮影はTetsuya Echigo@moku2 )

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -
                      • -

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM