〜回想〜 (1)

  • 2011.11.24 Thursday
  • 23:48
「ふたばの里」の古市さんに、無理言って、震災後の体験を教えてください、とお願いした。

私を含めて被災した人は、思い出したくないこともあるかもしれないのだが....。





3月11日、眠れぬ夜を過ごした翌日の朝、本人の希望もあったので数人の利用者を一人暮らしの自宅に送る。

体育館や役場に避難していたが自宅の様子を見に帰る人たち。

その時、突如サイレンが鳴り広報無線が町中に流れる。

「放射能漏れの可能性・・・?!」悲鳴や怒号が飛び交う。

死を間近で意識するような胸が押しつまるような不思議な感覚。

車で町外へ避難しようとし寸断された道路は大渋滞になる。

その車群の向かう先と逆方向に、ついさっき送り届けた利用者を迎えに車を走らせた。

恐怖、不安、葛藤。サイレンはいつまでも鳴り響いていた。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM