戦士の休息

  • 2014.05.10 Saturday
  • 23:32
写真 1 (22).JPG
 
 きょうされんという障がい者団体の福島支部の総会に参加してきました。震災後、危機的な状況に置かれた時に駆けつけてくれたのが、きょうされんの人たちでした。福祉作業所に通うメンバーが参加しているのが印象的でした。メンバーを支える人たちの気持ちも伝わってくる総会でした。

 すごく気になったのは、施設職員の疲れです。私もそうだと思うのですが、震災時の対応と風評被害などで、3年がんばりすぎて、疲労が出て体調を崩す人が出て来ていました。原因が人間関係のストレスにある場合も多いと思いますが、職員の不足など原発事故の影響が大きいと思います。体がサインを出しているようです。自分は大丈夫という過信は禁物ですね。施設職員こそメンタルのケアが必要かもしれません。

写真 3 (13).JPG

 浪江から二本松に事業所を移した「コーヒータイム」。避難先で人を受け入れ、二本松の作業所として基盤ができてきた。支援への感謝を語っていた。

写真 2 (19).JPG

 震災後、現場を支えてきた、南相馬の「ぴーなっつ」のISHIDAさん。当時、あれだけ元気だったのは、支援に来てくれた人たちとの交流があったからだろうか。平常時のモードに戻り、仕事が増える中で、戦士には休息と自由が必要かと思う。リスクを背負い、次のステップに入って行動している人もいて、勇気づけられた。やはり、新しいチャレンジをしている所に希望は見える。

写真 4 (5).JPG

 帰り道、東北道のあだたらPAで、ウルトラマンを発見。販売機で飲み物を買うと、「ジュワーッ!」とウルトラマンが叫ぶ。(ウルトラマンは休む時は、どうやって休むのでしょうか?ウルトラの星では、ベットに入って寝るのかなぁ?)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM