裁判と危惧

  • 2018.11.01 Thursday
  • 21:05

IMG_8237

 

・震災前から原発では小さな事故が起きて、しばしば東電の会長が知事に詫びいれていた。だが知事より偉そうな態度で、私には国のお墨付きの事業だから、オレの言う事をきくべきじゃないのか、というような態度に見えた。その後、知事は汚職の疑いをかけられ辞職することになった。

 

・東電は、震災前にラジオを使って広報しており、原発は絶対安全であると明言していた。地球温暖化のため、不可欠のようにも言っていた。この人たちが莫大な費用のかかる津波の対策を積極的に行なうようには見えなかった。利益追求が企業の目的だから、都合のいい事実だけを切り取るように思えた。

 

・原発をコントロールできても、どんなに地震対策をしても、ある程度の比率でそうした人が存在するし、都合のよい解釈と不適切な行動をとる。100年単位で、巨大地震と津波がくれば、おそらく同じような事故は起きるのはないか。

 

原発の再稼働や事故の責任について判決が出て賛否が分かれているが、裁判官の名前は忘れないようにしておこうと思う。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM