ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 当時の話2 桜の咲く頃 | main | 再放送 >>
2016.03.10 Thursday

謝 辞

IZUMI.jpg

 記念すべき旅立ちの日を迎えるにあたり、卒業生、修了生の保護者を代表いたしまして、ひと言御礼申し上げます。 

 校長先生をはじめ、諸先生方、職員の皆様、本日は私どもの子供たちのために、このような立派な卒業式を執り行っていただき、本当にありがとうございます。 

 そして、ご多忙のところ、お越し頂いたましたご来賓の皆様、心のこもったお祝いの言葉をいただき、生徒保護者一同、心から感謝申し上げます。 

 振り返れば、娘が保育園に通っていた頃、親の会で、いずみ養護学校と明和寮を見学した時からお話は始まっていました。やさしい雰囲気に包まれていたことと、校舎がきれいに磨かれていたことに感心して、母親と父親の私は、将来はここで学ばせたいと思いました。

  5年前、東日本大震災で、私が住んでいる福島も津波と原発事故で大きな被害を受け、常磐線が止まり、母親が仙台の会社に通っていたために、3ヶ月ほど離ればなれになりました。そこで知ったのは、家族とふるさとの大切さです。家族が離れて暮らすことはつらく、地元の学校か悩みましたが、娘の自立のために、いずみ高等支援学校の進学を決めました。その決断に後悔はありません。

  入学式、緊張して友達ができるかなぁ、ホームシックにならないかなぁと思っていましたが、寮からの帰宅日では、友達の名前がたくさん出て来て、学校に戻りたいという有り様でした。  時には厳しく、愛情をもって育ててくださった先生方、お互いに名前を呼んで、笑顔で声をかける仲間たち。私は授業参観や運動会などの断片でしか、ここでの生活の様子を知る事はできませんが、これほど愛情に満ちた学校を私は知りません。

  みんなで作り上げた学園祭、楽しかった宿泊学習、運動会で一番後ろを走る生徒に、「○○さん、頑張れ!」と声をあげ、みんなが応援する姿は、忘れられません。そして、心待ちにしていた三年生の修学旅行。たくさんの楽しい思い出がいっぱいでしょう。 卒業生のみなさん、みなさんが経験したことは、これから生きて行く上で、心の支えとなり、大切な宝物になるでしょう。時には、他人と比べて思い悩むこともあるかもしれませんが、あなた方、ひとり一人が魅力的で大切な存在です。大丈夫、自信を持って生きてください。

  入学から卒業まで、ひとり一人に寄り添い、愛情をかけて育てて下さった先生方には、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。どうぞ、これからも卒業生、修了生のことを見守っていてください。よろしくお願い申し上げます。

  最後になりますが、いずみ高等支援学校のさらなる発展と、先生方のご健勝をお祈りして、お礼の挨拶とさせていただきます。



SOTUGYOU.jpg


SENNSEI.jpg
Powered by
30days Album