外された幻想

  • 2016.02.28 Sunday
  • 12:58

 双葉町にあった「原子力、明るい未来のエネルギー」の文字が外された看板。人がいない町で、看板の文字が落下する危険があったと思えない。危険だったら、ゲートごと外すべき。原子力発電を誘致して推し進めた人。結果、子孫の繁栄はなくなってしまった。再び経済を優先するために原子力発電を動かす国。再開させようとする地元の首長。再び事故は起きるだろうが、せめて福島第二だけは動かさないで欲しい。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM