ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミエナイ現実 | main | それぞれの舞台 >>
2016.02.10 Wednesday

今日の一歩



 はた織りの道具を入れたら、工房らしくなってきた。問題は、織った布からどのような商品を作るかだ。生地にシルクスクリーンで印刷して、商品を作る計画だが、部屋が小さいので大きな機械は入れられず思案中。草木染と和紙づくりは、出張して、ゆうゆうくらぶで行う予定。


 相馬と南相馬の障がい者施設のサービス管理責任者をしている人が3人が「もくもく」に遊びにきてくれた。3人は別々に来ていろんな話をしたが、彼らは地元の福祉を支えている人たちで、組織の現状は経営重視になっていて大変だが、それぞれが頑張っていて、決して未来は暗いものではないと思えた。小さな町にニーズはあるのに、応える社会資源がなくて、選べないので競争がない。今、この町に種をまくのが必要なのだ。彼らもそう思っているから遊びに来て、励ましてくれたのかもしれない。
Powered by
30days Album