阿智のなかま

  • 2015.12.01 Tuesday
  • 23:38


 長野県の阿智村から、南相馬ファクトリーにひまわりの種を届けにきてくれた。種の入ったボックスは、阿智小の子どもたちの手作りだ。2012年から交流が続いている。福島県伊達市の子どもたちを阿智村に招きサマーキャンプをしていて、伊達市民との交流もする予定だ。決して大きい村ではないが、自分たちの村を自分たちで作るぞという姿勢がすばらしい。



 阿智村のICHIKAWAさんは、えんどう豆に1ヶ月ほどボランティアに入ってくれたことがあって、それはそれは喜んでおられた。えんどう豆のみんなの歓迎して、何よりの喜びであった。支援とかではなくて、人と人とのお付き合いが続いているのがステキだな。まるで親戚のような関係。どれだけ勇気づけられることか。




 黄色と赤のりんごを頂いたが、香りが強くて、すごく美味しかった。我が家に持ち帰ると、あっと言う間に消えてしまった。立派な田舎の味がするリンゴ。皮付きでスライスして食べるとおいしいと長野のりんご園のおばちゃんが教えてくれた。お試しあれ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM