アイコのココロ

  • 2015.08.11 Tuesday
  • 10:32
 ともた?ち.jpg


そこは、みんなの笑顔が、波紋のように広がって、

温かな光に包まれている。

 

町は、故郷に帰ることを決めたけど、

彼らも、彼らの側にいる人も、戻るかどうか、考え中。

 

お父さんは、単身赴任中。

娘は、こっちで友達ができて、帰らないと言い、

今の町が故郷になっていく。

 

「帰ると帰らない」どちらが正しいとかじゃなく、

グー、チョキ、パーの「アイコ」でいいじゃん。

すさんだ言葉に流されず、友達でいようよ。

 

でも、故郷に帰るか、帰らないか、

彼らが、決めることはないのかな。




(詩・佐藤定広)



ともた?ち4.jpg

 楢葉町からいわき市に避難中の「ふたばの里」を訪ねました。ファクトリーのバッジを作っている作業所の一つですが、原発で、福島の浜通りは分断され、相馬からいわきに行けないでいました。就労Bの作業所ですが、のんびりチームとバリバリチームの2つに分かれて働いています。雰囲気がよくて、あったかい作業所で、見学者の私に、メンバーさんたちが、いろいろ声をかけて下さいました。

ともた?ち3.jpg

彼らが帰宅た後、職員の方たちと話をして、この日常の中に、福島の特別な事情が垣間見えました。マイペースでも、彼らの笑顔には生きるパワーがあって、励まされ、そこに希望を見出せるのです。


ともた?ち2.jpg

ステキな居場所でした。ありがとう。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM