日常の形成

  • 2018.10.15 Monday
  • 22:30

IMG_8137

 

この所、ブログは作業所で働くメンバーの話題が少ないのだが、工房もくもくの状況は、みんなが仲間として認め合って、それぞれの居場所になっていている。在宅、つまり引きこもりを無くすことが一番の目的であり、他者をなかまと認めて暮らす事は最低限の人間としての権利だと思っている。そして、やるべき仕事があることで社会とつながる。それだけの事だけど信頼関係を築くのは時間がかかるものだ。生活リズムが生まれ、精神的な安定が生まれている。

 

 

IMG_8136

ピープルのお友達

  • 2016.06.30 Thursday
  • 22:55

IMG_2798

 

奈良のひまわりの家と大阪の仲間が、相馬に遊びに来てくれました。

彼らは「わたしは、障害者としてではなく、まず人間として扱われたい」というコンセプトで、ピープルファーストという団体の活動をしています。

 

メンバーと職員の壁がなくて、それが心地いい人たちです。

奈良に行った時に、グループホームに泊まらしてもらい、親しくなったお友達も来ていて、うれしかったなぁ。

また会えそうな気がします。

 

 

IMG_2796

 

KIYOSHIくん、大好きっす。

日課

  • 2016.06.29 Wednesday
  • 22:54

IMG_2791

 

もくもくの日課は、向かいの平澤建設の捨て猫ちゃんを見に行く事。

5匹いましたが、残りは2匹となりました。ネコに遊んでもらっています。

 

IMG_2789

遠回りハンドメイド

  • 2016.06.22 Wednesday
  • 22:44

IMG_2758

 

もくもくの製品を試作中。

お金もないので、手作り感満載。それも味にして、ハンドメイドで勝負しようという戦略?になる。

ハンコは注文すると高くなるので、それに既製品の文字だと雰囲気が合わない。

スタンプメーカーを探すが、特殊な樹脂版に太陽光で焼き付けるスタンプのサイトがあって、材料を取り寄せて使ってみる。

紫外線で焼き付けるのは、シルクの版づくりやレジンの小物を作るのと同じ原理のようだ。

 

樹脂版(プリンタイトなど)は、印刷屋さんでは普通に使われているが、小分けして販売している所は少ないようだ。

シルク印刷のような孔版印刷に対し、木版や消しゴム版画、判子は活版印刷で、凸した所にインクを載せる。

原稿はネガポジを反転して、さらに画像も反転して作り、樹脂版に密着させる。

露光装置は、専用の機械ではなく、安価なレジン用のライトで代用した。

だが、まだ露光時間の調整が必要だが、今日はここまで。

 

 

IMG_2757

 

Micaさんたちに革ボタンを作ってもらう。

穴を開ける係と、しるしを付ける係。

さをりバックに付けると、いいアクセントになりそう。

 

 

IMG_2756

Hitomiさんも、がんばって作っております。

アートの日

  • 2016.06.21 Tuesday
  • 22:43

IMG_2739

 

「もくもく」のイメージを探しに、みんなで図書館に行った。いろんな木の本があって、それを参考に絵を描いた。

それぞれの表現が個性的でおもしろい。デッサン力があったり、デフォルメがステキだったり、色を丁寧に塗るのが得意だったり。

作品は作品として、その一部をピックアップして商品にしてみたり、いろんな展開できそう。

不器用なところがステキだったり、「みんなちがって、みんないい」は福祉の世界と通じるものがある。

 

 

IMG_2747

 

 

IMG_2740

 

だが、絵を描くことに集中して、午後からのプラ板のボタン作りでは疲れてしまった。

ルーチン化した仕事の方が好きな人もいて、創作の向き不向きはしょうがない。

創作している間にも、体調を崩したり、次々に小さなトラブルが起きる。

 

以外な人が、いい仕事をしてくれて、もくもくのマークの叩き台ができた。

アートの活動は仕事づくりに、役立ってきている。

試行錯誤

  • 2016.06.14 Tuesday
  • 22:36

IMG_2708

普通、タグは織物で作るが、予算は限りなく少なく、テープを折ってクリアファイルで型抜きしてプリントした。確か織りタグは1000枚で、10万くらいはしたような記憶がある。無理、無理! プラスティゾルのインクで熱をかけて定着したが、手作り感満載。(笑)放射温度計で計ると、アイロンは200℃を超えている。シリコンペーパーだったり、今は便利なモノも増え、道具は安くなっているね。放射温度計は3,000円しないんだからね。

 

 

IMG_2709

 

さをりの織り物が織り上がってきているので、イメージを限りなく省力してデザインしていく。20センチ巾の布で、小さなバックをイメージする。肩掛けの紐がほしいので、帰りの送迎で寄り道して布テープを買って、テープで仮止め。タグのサンプルも付けてみる。

 

IMG_2712

あまりはいらないけど、財布とハンカチもってお出かけする時のバック。

縫製が得意な人がいないので、最小限の労力でローコスト仕様。

 

 

IMG_2710

こんなタグもいいかもねぇと、テープに手描きしてみる。プラバンのボタンも付けてみる。

 

 

IMG_2714

今月、販売する機会があるので、それまでに10個くらい作って販売しようと、送迎終わって企画ミーティング。

 

売れたですよ。

  • 2016.06.12 Sunday
  • 22:58

IMG_2700 (1)

 

年度はじめ、予算を立てるが、お金がない所で収入を上げるのは非常に厳しい。

作業所も出来たばかりで、居場所づくりとしては成り立っているが、仕事づくりは正直、これからです。自分は商品企画が苦手ではないと思うが、材料や機材がないと商品ができず、メンバーは難しいことができなかったり、作業時間が続かなかったりで、その条件の中で生産性を上げる厳しいなぁ。就労継続支援B型だと月3,000円以上という条件があって、そこは何とかクリアーしたいと思っています。3,000円×10人×12ヶ月=36万の工賃だと、売り上げは最低でも100万円ほどは必要だなぁ。商品企画しなくちゃなぁと思うのだけど、現場の他に、事務作業だったり、送迎だったりとあまり時間がとれない。試作のために機材を買うのもブレーキをかけてしまうのが悲しい。

 

親戚のおばさんに、さおり織りの布で何か作れないか相談しました。そしたら、テーブルセンターに使うと言って、織り上がった布を買ってくれた。おぉ!売れたですよ。モリタさんがエコバックの代金を持ってきてくれて、今日はお金が入ってくる一日でした。

草花の声に

  • 2016.06.03 Friday
  • 21:59

 

朝の送迎中に体調が悪くなった人がいて、車で休憩中。私は待機のため駐車場で草むしり。ドクダミの花が咲いていた。臭いがあって雑草として嫌われる事もおおいけれど、花も葉も、かわいい形をしていていると思います。皮膚疾患や解毒の効能があるといわれて、アトピーにいいそうです。花や葉の形を、デザインして商品にできないかなぁと写真を撮りました。

 

もくもくの利用者の仕事をしてもらう中で、それぞれの特性が見えてきたので、その人に合った仕事をどう作るか、商品づくりの始まりです。素材から布つくり、染め、縫製して仕事づくりができなか、廃れてきた文化を紐解くような感じがあって、これからがチャレンジです。

 

 

布が織り上がり、満足そうなMiduhoさん。商品化しないとね。

 

  • 2016.06.02 Thursday
  • 21:57

 

もくもくのみんなで、海に来ました。

大震災から5年、津波があって2011年以来、5年ぶりに海に来たという人が多かった。私も同じです。

深い青の海の色、砂を踏みしめ、風を感じて、気持ちのいい時間。

海は、自然はそこにあって、人の存在よりも先にある存在。

 

 

 

羊たちの会話

  • 2016.05.29 Sunday
  • 23:22

IMG_2586

 

Micaさんが作ってくれた羊たち。みんなから大好評。

新しい形が次々に生まれてくる。イメージして形が出てくる彼女には、造形的な才能を感じる。

キーホルダーがいいかなと思案中。このままでも十分?

量産できると仕事になるが、売ってしまっては、もったいない?

みんなの得意な所を活かして仕事を作るぞと、試行錯誤中。

 

IMG_2576

こちらは、アルパカちゃん。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM