神様のいる蔵で

  • 2019.03.18 Monday
  • 07:30

 

 その蔵は、昔、相馬を代表する「馬陵」という酒蔵で、今ではフレスコキクチというスーパーの会議室になっているが、聞けば神様が住んでいるという。震災後、たくさんのミュージシャンが来て、演奏してくれた特別な場所だ。

 

 

 

 

 相馬で障がい者の存在をしってもらおうと、プロのミュージシャンにも参加してもらい、「みんなのしあわせ音楽会」を開いてきたが、4回目の今回のゲストは、EPOさんと堀下さゆりさんだ。

 

 

 素人とプロと同じイベントでやるのは、実力差が露わになる場合が多いのだが、障がいのある人の彼らのパフォーマンスが力不足とは見なかったろうし、工房もくもくとえんどう豆の障がいを持つ人とスタッフの音楽を楽しむ姿に、生きるパワーに元気をもらった!という声をたくさん聞いた。ゲストのEPOさんにとってもインパクトがあったそうで、リハーサルの曲を入れ替え、伴奏のギターの鬼怒さん大変だったそうだ。彼らが何を表現しようとしているかは十分伝わっていた。

 

 

 

 私は、発作で倒れながらも、自分の出番のために帰らず、ステージでがんばって歌っているMasaくんの姿やみんなが一生懸命に歌っている姿に、心打たれてしまった。スタッフに抱えながら退場する仲間もいて、想定外の事も起きたのだが、スタッフがフォローしている姿に感動した人もいたようであった。プロのミュージシャンとしてゲストは迎えているが、障がいのある人が主役であったこと、そして観客がそれを認めていたことが嬉しかった。

 

 

 会場は愛情に包まれて、ハッピーな時間だった。震災と原発事故から、ずっと続けてきた音楽活動だが、未来が生まれる予感がした。蔵にいる神様もきっと笑って見てくれたに違いない。

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    準備OK ?

    • 2019.03.15 Friday
    • 00:39

     

    音楽会のフラッグ(布看板?)が、汚れていて洗濯したら、絵の具の色が抜けた。あらまぁ。

    描き直す事もできないので、深夜、布用クレヨンで、色を差す。

    とりあえず、復活しました。 前より、いいかも。(笑)

     

    明日、3.16 みんなのしあわせ音楽会 vol.5

    会場は、フレスコキクチ相馬店の菊地蔵。16時スタートです!

    ※チケット、ほぼ規定数に達しました!

     

    駐車場は、フレスコさんの駐車場が使えませんが、

    近くの みずこし眼科クリニックさん(眼科)の駐車場を借りれる事になりました。

    午後3時ころから利用可能と思います。 (先生、ありがとうございます!)

     

    出演は、工房もくもくとえんどう豆の合同チーム

    そして、ゲストは、EPOさん、堀下さゆりさんです! 

     

     

     

     

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      避難と批難

      • 2019.03.12 Tuesday
      • 22:42

       

       

      震災から8年目の3月11日、私は、午後から山形県米沢市に向いました。福島からほぼ一時間、放射線の心配をしないで暮らせる町です。避難している人の声を聞きたかったからです。市が主催する追悼式では、首相の挨拶と黙祷のテレビ中継の後、山形の人々からは「震災を忘れず、避難者を見捨てない!」というメッシージが語られ、山形の県民性を感じました。今も震災からの避難者は4万人を超え、米沢には800人の避難者が生活しているそうです。

       

       福島県から米沢に避難しているお母さんの話は、何とも切ない話でした。子どもの安全のために避難してきたが、福島に戻ると福島県の安全をアピールしたいという姿勢が強く、放射性の不安については話ができない雰囲気を感じるそうです。山形の人は受け入れてくれていて、同じように避難している人どうしが支え合ってっコミュニティを作り、生きている姿がありました。放射線への感受性は、人それぞれに違い「避難すべき」と思う人と「安全だ」という人が話をすると対立が起きてしまいます。それを避けようとすると黙っていた方が無難、距離を置いた方がいいとなるのです。

       

       

       

       原発で避難した人が、避難先から古里に戻った時も、「何で今頃、戻ってきたんだ?」冷たい言葉で傷ついたという話をたくさん聞きましたが、避難している人にとって、安全のためにとった行動が責められることになるのは辛いことだと思います。親だったら、子どもの安全を大事に考えるでしょうから、食べ物についても不安は払拭できない人も少なからずいると思います。

       

       震災で私たちが学んだのは「違う考えの人の事を認める」ということです。しかし、それは難しいことで、家族や夫婦、友だちの中にも対立や分裂が起きてしまいました。反面、地域だけでなく全国の人をつながり、支え合える体験もありました。時間が経つにつれ、避難先で育った子どもたちは、そこが古里になってきているようで、戻ることは難しくなっているようです。ひとり一人の選択を大事にしていくことが大事なんだと思いました。

       

       

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        みんなでつくる復興コンサート

        • 2019.03.10 Sunday
        • 22:25

         

         

        シンガーソングライターの半崎美子さんと仙台フィルとコラボの復興支援コンサート。開催地の多賀城市は、仙台市の北部にある歴史ある町ですが、相馬から高速道路で1時間かからないという場所でした。

         

         半崎さんの歌は、つらい立場の人に寄り添った歌が多いのですが、被災地で地元の人たちとのコラボで、生のオーケストラと仙台南高のコーラスも入り、ホール全体の聴衆は完全に撃沈です。

         

         

         

         もくもくの商品を身につけているMOMOさんを発見!これを見ただけでも、コンサートに来て良かったと思いました。半崎さんのファンのつながりですが、いつも使ってもらっているそうです。製作したNANAさんも、どれだけ喜ぶ事か。小さな町の小さな作業所の仲間と全国の人がつながっているのが、とっても素敵です。

         

         

        主催のKDDIは野蒜海岸で農場を作り、復興支援を行なっているそうで、くじ引きで野菜や農場の商品のプレゼントや販売していました。半崎さんにプレゼントを渡す事もできたし、半崎さんのファンの方たちとも会えて、元気をもらった一日でした。

         

        https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000001-tbcv-l04

         

        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          音楽祭、見に来てね!

          • 2019.03.08 Friday
          • 00:01

           

           みんなのしあわせ音楽会を開きます。 

           

           工房もくもくと、えんどう豆のみんなも出るよ。

           

           ゲストは、EPOさんと堀下さゆりさんです。

           

           無料ですが100名限定で整理券が必要です!

           

           モリタミュージックか、もくもくにご連絡くださいね。

          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            生け花教室

            • 2019.03.07 Thursday
            • 22:30

             

            仙台から池坊の生け花教室のお友達が、もくもくにボランティアに来てくれました。

            牛乳パックの手作りの花器に、お花を生けていきます。

            みなさん、始めての体験でしたが、皆さん、楽しそうでした。

             

             

            実は、池坊の教室に通っていたのです。20年ぶりの再会なのでした。

            先生をはじめ、みなさんに支えられていることを実感した1日でした。

             

            お友達から、宮城県でも原発事故で出た廃棄物処理に困っていると話。

            何だかね〜。

             

             

             

             

             

             

            よくできました! 先生!ありがとうございました!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            合同練習

            • 2019.03.06 Wednesday
            • 06:44

             

             

             音楽会に向けて、えんどう豆と合同の音楽練習。

             

             相馬盆歌をテーマにした「トモダチ音頭」は、ダンスパフォーマンスで盛り上がり、圧巻でした!

             

             スタッフ(職員)はお互いのなかま(利用者)をフォローするので、何とも言えず、いい感じです!

             

             お互いに刺激になって、彼らの魅力と音楽の力を感じた一日でした。

             

             

             

             

             

             

            私が所長を辞めても、彼らは温かく、パワフルに活動しています。

             

            いつも親戚のおじさんのように、迎えられます。

            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              梅と夢

              • 2019.03.05 Tuesday
              • 00:31

               そう、あの日も梅の花が咲いていた。3月12日、私は南相馬の仕事場のえんどう豆に向かっていた。原発が爆発するなど思ってもみなかったが、最悪の事は起きてしまった。当初、安全確保のためと言い、周囲3キロ圏内の住民はが避難させられ、その後20キロ圏内に広がった。テレビでは大臣が「みなさんの健康には、直ちは問題ない」と言った。


               文部科学省は、原子力安全技術センターで、SPEEDIと言われる放射能物質の拡散のシミュレーションを行なっており、国と福島県はその事実を知っていたが、浪江町と住民に告げなかった。最悪な事に、住民が避難した放射能物質は浪江町津島地区の方向に飛散していた。


               それから1年ほど過ぎた頃、ラジオで、当時の復興大臣がSPEEDIは信頼性が低い?ので、爆発した時にデータは公開しないだろうと言っていたのに驚いた。国が国民の命を守らない事が続いて、自己判断で行動するしかなかった。

              白昼夢をみているようで、この季節は苦手になってしまった。 
               

              • 0
                • -
                • -
                • -
                • -

                命の選別

                • 2019.03.04 Monday
                • 07:15

                 

                 

                出生前診断の精度が上がり、多くの産科の医師ができるようになると報道された。染色体の異常を知ることができる事から、ダウン症などの可能を出生前に知ることができる。多くの母親が受けることになり、ダウン症の出生率は下がると思われる。だが、この検査には20万ほどかかるらしい。

                 

                 ダウン症者の親の自分としては、目の前にいる娘が幸せに暮らしているのを見ると、障がいのあるからと言って出生前に生死を選別してしまうのは、何とも切ない。多くのダウン症の人と接してきたが、人に愛される魅力を持った人が多い。確かに知的障がいを伴い、マイノリティの存在ではあるが、社会から「いらない」と言われたような気持ちだ。医師が、命の尊厳についてどんな話をするのか?聞いてみたいものだ。

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -

                  夜明け前

                  • 2019.03.03 Sunday
                  • 00:46

                   

                  呉秀三は、精神障害者に対して、座敷牢と呼ばれる私宅監置のあった時代、その実態を調査し、彼らを人としての扱い、精神障害者の支援の礎を築いた人だ。「夜明け前」という映画を「きょうされん」が作り、福島支部が上映会を企画した。「この国に生まれた不幸」という言葉の本質は、今でも変わっていない気がする。身体拘束、虐待とか重いデーマであるが、障がいを持つ人に対して差別や偏見はあって、昔の話とは言い切れない。見に行ってよかった。

                   

                   

                  夜明け前

                   

                  <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mbbl0syy9fs" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -
                    • -

                    calendar

                    S M T W T F S
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    31      
                    << March 2019 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM