あきらめの悪いことは...。

  • 2019.09.14 Saturday
  • 22:50

 

相馬の和田いちご園の資料を探して検索すると、Miduhoさんとアッキーの2001年の画像が出てきた。

今、この2人が「工房もくもく」に通っていることを思うと、あきらめが悪い?言い直すと思い続けると夢は叶うものかもしれない。

 

さて、この週末もつじつま合わせの生産活動(お仕事)をすることになってしまった。

スタッフも発送のため作業所に出て来たのだが、えんどう豆(元の職場)の職員が遊びに来て、少し作業を手伝ってもらった。

何だか泣ける。自分は人には恵まれて幸せだなぁ。

 

もくもくでは、自主製品を作っているが、シルク印刷は職人技が必要で経験とスキルが必要だ。インクの粘度とか温度で微妙に変わって、条件によって対応が難しい。失敗を繰り返しながらの作業が続き、思うように進まない。まだまだ修行が足りないということだなぁ。(涙)

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    小さなチャレンジ

    • 2019.09.13 Friday
    • 10:09

     

     

    学生さんたちが、相馬市や南相馬市に来て、復興を目的としたインターン。復興庁の人を前に、いよいよプレゼンテーション。人の少なくなった南相馬市の小高区で住居の空き物件を紹介するプロジェクトだったり、相馬の子どもたちを対象として震災からの復興を後押しするプロジェクトなど、学生たちのチャレンジが紹介された。 ベンチャー的でソーシャル的なビジネスの雰囲気で興味深かったが、今の自分には地元の障がい者福祉にこだわた事しかできないのが現状だ。

     

     

     

    「もくもく」に来た2人は、相馬を盛り上げるため「わだいちごちゃん」のプロジェクトを紹介した。ほとんど徹夜でプレゼンの資料作りをしたらしい。調査から企画、モノ作りまで行なうことができたのは貴重な体験だろう。きっと社会人になった時、役立つ時がくるんじゃないかな。

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      努力の成果

      • 2019.09.12 Thursday
      • 23:30

       

       

      「インターン生」という企業実習のような形で、相馬を盛り上げるプロジェクトを行なっていた大学生の2人は、相馬の町に出かけ、いろんな人な話を聞いて刺激を受けたようであった。人に影響を受けて、どうしても相馬の魅力を伝えたいと譲らないので、いちご狩りに来る人に相馬の町を紹介しよう流れになった。

       

      もくもくの利用者が描いた「わだいちごちゃん」のキャラクターを活用してチラシを製作する。地図やイラストは大学生が作ったので、私もチラシ作りのレイアウトを協力することにした。明日は復興庁の人も来てプレゼンテーション。お二人さん、大丈夫か?いよいよ、追い込みなのであった。

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        ハッピープラン

        • 2019.09.11 Wednesday
        • 06:38

         

        おお、きれいな夕焼けだ。

         

        さて、もくもくの利用者に対しての個別面談を行なう。ほとんどが保護者同伴。

        利用者本人に知的障がいがあると個別支援計画と評価票なる文面が難しすぎて、本人向けというよりは保護者向けになってしまう。課題を掘り下げると日々の生活に目的を持たせることになるが、理解できない場合やそのプレッシャーに耐えられないような人もいて何とも難しい。支援計画は、楽しい人生にするために行なうので「ハッピープラン」と言って説明するが、書面が通信簿のような感じなので、本人に合わせて作る必要があるのかもしれない。

        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          予算1000円

          • 2019.09.08 Sunday
          • 23:35

           

          今月のお楽しみ会は、カラオケでした。今回の会場は音屋ホールで会費が200円と超オトクでした。

          カラオケ屋のような音響ではなかったですが、みんな、楽しんでいたようです。

          すっかり分からない曲も多くなって世代間のギャップを感じます。(涙)

          すき屋で昼食をして、予算1,000円の満足の一日だったようです。

           

           

          それにしても、忙しい日々が続いています。余裕が無さ過ぎるような....。

          週末を使って何とか遅れを解消しておりますが、仕事の方針も検討しないといけないのかも。

          どこの作業所もこんなに忙しいのでしょうか? 

          就労支援のお仕事は、支援と生産のバランスが難しい。

           

           

          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            ない!

            • 2019.09.07 Saturday
            • 23:24

             

            朝、もくもくに着くと異変が!ナンバープレートがない!

            警察を呼んで、刑事課の鑑識の人が、ポンポンと指紋を採取するが、出てこなかった。

            ポンポン、あれは、アルミと鉄分が成分なんだって。

             

            悪い奴らがいわき方面から相馬に北上中との事で、犯罪に使うらしい。

            それにしても、また、余計なお金がかるのは痛いよね。

             

            ネットで会社の営業時間を調べて、砂利だと足跡が残らず、駅の近くで条件が良かったらしいのだが、

            勘弁してよ〜!という話でした。

             

             

            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              いろいろ

              • 2019.09.05 Thursday
              • 06:53

               

              人それぞれに自分らしさが出て、はた織りは面白い。ポーチや筆入れなどの商品に仕上がると、それが売れていて在庫なしの状態が続いている。いい感じだが、大量生産には向かなくて、劇的な工賃向上は望めない。ただ、仕事をして役に立っている感じがいい。みんな、がんばっている。

               

              さて、自分の方は要領が悪いのか、かなり仕事が忙しくて、ぎりぎりの感じ。余裕がなくなると、トラブルも起きやすいの注意をしないといけない。何でこんなに、やるべき事が多いのか。仕事量が均一な作業所はいいなぁと思いつつ、一つひとつ、やるだけだ。ファイト。

              • 0
                • -
                • -
                • -
                • -

                インターンシップ

                • 2019.08.26 Monday
                • 00:40

                 

                 

                もくもくにも、大学生のインターン(企業実習)がやってきた。なんと2人も。ただし、単なる福祉のボランティアではなくて、相馬の町おこしともくもくの商品企画というテーマで、約1ヶ月で結果を出すというプロジェクトだ。大学の夏休みを利用しての活動で、相馬の町おこしに一石を投じてもらいたい。まずはフィールドワークで町をチャリで走り、まずは現状の把握か。

                 

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -

                  ひまわり

                  • 2019.08.24 Saturday
                  • 06:22

                   

                   

                  ひまわりの絵を描く。みんなのいろんな個性があって面白い。

                  意外な絵を描いて驚いたり、創作的な事はみんなにも楽しい時間なようだ。

                  部屋が明るくなった。

                   

                   

                   

                   

                   

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -
                    • -

                    色気付く?

                    • 2019.08.22 Thursday
                    • 06:12

                     

                    ダウン症で知的障がいがあるが、絵が大好きなMIDUHOさんの絵の内容が変わってきた。「お母さんといっしょ」の世界から男性アイドルへ。成長するスピードは遅いけれど、成長していくことにうれしさを感じる親父でした。(笑)

                     

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -
                      • -

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM